世界のすごいお葬式の電子書籍サービス

7月 16, 2019ノンフィクション




内容

 かつて自宅で家族の手で葬られた死者は、今やビジネスとして画一的に扱われる存在になった。 それならばと、葬儀会社を営む著者は旅に出る。 

 

要点まとめ
  • インドネシア、メキシコ、ボリビア、スペイン、アメリカ、日本―そこで出会ったのは、住民参加の野外火葬、秘境でのミイラとの暮らし、テクノロジーを駆使する納骨堂。
  • 風変わりだが本気で死を悼む優しい弔いの形。
  • 葬送のファスト化は当たり前?
  • インドネシア、メキシコ、スペイン、ボリビア、日米、本気で死を悼む人々。
  • 風変わりで「本気」な8つの話。

電子書籍