織田一の男【丹羽長秀】の電子書籍サービス

6月 8, 2019小説, 歴史,時代,社会小説




あらすじ

 織田一ともいえる活躍を果たす一方で、羽柴秀吉や柴田勝家の影に隠れがちであった。本能寺の変の数日前、長秀は徳川家康の接待をしていたため、すぐに動けずにいた。さらに信孝が信澄と光秀の内通を疑い、討ち取ってしまう。長秀は窮地に立たされていくが、ある秘策を立てていた。 

 

要点まとめ
織田家において欠かせぬ者という意で、米とたとえられた丹羽五郎左衛門長秀

 

電子書籍サービス