ふつうの子なんてどこにもいないの電子書籍サービス

6月 8, 2019教養書




内容

 多様性の時代といわれるいま、「ふつう」であることを強いられて、学校に行けなくなった子どもや、学校生活に息苦しさを感じて「生きにくい」と悩む子どもが大勢います。 そしてその後ろには、子育ての問題を抱え込んでいる親が大勢います。45年の教員生活からみえた子どもの本来の姿、子どもの成長に本当に必要なものは何かを伝えます。 

 

要点まとめ
大阪市立大空小学校の初代校長先生が子育ての古い価値観をぶち壊す

 

電子書籍サービス