日の昇る国への電子書籍サービス

6月 16, 2019小説, 歴史,時代,社会小説




あらすじ

 古着大市開催の二日前。将軍家斉近習、自称御用取次古瀬嶺斎なる旗本が古着大市の売上の一部を公儀に上納せよと圧力を掛けてきた。古瀬は無役の小譜請組から、瞬く間に将軍近習にのし上がった男だった。総兵衛は手を尽くして背後関係を調査する。 

 

要点まとめ
夢と希望を乗せた「武と商」の物語

 

電子書籍サービス