とむらい屋颯太の電子書籍サービス

小説, 歴史,時代,社会小説




あらすじ

 江戸の新鳥越町二丁目に「とむらい屋」はあった。 色恋心中、死産、貧困、自死、火事。 さまざまな亡くなり方に対応していく とむらい屋の仲間。 十一歳の時、弔いを生業にすると心に決めた颯太。 そのきっかけとなった出来事とは?  

 

要点まとめ
  • 江戸時代の葬儀を生々しく描いた
  • 弔いの時代小説

 

電子書籍サービス

とむらい屋颯太の電子書籍サービス