新聞という病の電子書籍サービス

7月 8, 2019教養書




内容

 司馬遼太郎氏が書いた老記者から、「権力の監視」を大仰に謳う記者へ。なにが変わったのか? 「事実より観念論」の恐ろしさを浮き彫りにする。 平成の押し売り報道全記録。新聞が書かない「論点」とは?門田隆将が新聞の末路を語る。知りたい情報はここにある。 

 

要点まとめ
  1. 朝鮮半島危機に何を報じたか
  2. 報道は歴史を直視しているか
  3. 「謝罪」の後の主義主張
  4. 命より憲法という観念論
  5. なぜ「現実」を報道できないか
  6. ビラになった新聞
  7. 自ら放棄する言論の自由

 

電子書籍サービス